トクシュ技研株式会社
企業情報
 ・ごあいさつ
 ・会社概要
 ・会社沿革
営業品目
お問い合わせ
ホーム>企業情報:会社沿革
企業情報
会社沿革
1927(昭和2年) 我が国初の工業用クロムめっき工場として、故豊田喜一郎氏(トヨタ自動車株式会社創業者)の支援を受け、創業者故古市修次が大阪市福島区で「東洋クローム株式会社」を設立。クロムめっき事業を開始。
1933(昭和8年) 梳綿機用針布研磨帯「エメリーフィレット」の国産化に成功し、製造販売を開始。
1944(昭和19年) 「東洋針布研磨帯株式会社」(現当社)を設立し、「エメリーフィレット」事業を移管。
1946(昭和21年) 「東洋針布研磨帯株式会社」から「東洋エメリーフィレット株式会社」に社名を変更。
1949(昭和24年) 「東洋クローム株式会社」を解散し、当社でめっき事業を開始。
高速攪拌混合機「T.K.ホモミクサー」を開発し、製造販売を開始。
「特殊機化工業株式会社」(現プライミクス株式会社)を設立。攪拌機事業を移管。
1954(昭和29年)

繊維用反末記号表示具「T.K.マークペン」を開発し、製造販売を開始。

1962(昭和37年)

防衛庁より工業用クロムめっき認定工場に指定。

1965(昭和40年) 日本硬質クロム工業会より品質優良認定工場に指定。
1966(昭和41年) 「東洋エメリーフィレット株式会社」から「東洋エメリー株式会社」に社名を変更。
有力メーカーの代理店となり、研磨機械・研磨材料など各種機械器具の販売を開始。
1967(昭和42年)

金属熔融充填機「ピンホールインレイ」を開発し特許を取得、製造販売を開始。
兵庫県尼崎市に武庫川工場を新設し、めっき事業を移転。
通産省より工業用クロムめっきJIS表示許可工場に指定。

1980(昭和55年) 「東洋エメリー株式会社」から「トクシュ技研株式会社」に社名を変更。
クロムめっき用高性能陽極「スパノード」を開発し、特許を取得。製造販売を開始。
1985(昭和60年) 圧延ロール用超耐摩耗皮膜技術を確立し、「スパクロムコート」として事業化。
1989(平成元年) 業務内容の充実と製販合体による合理化を期して事業所を武庫川工場に統合。
1991(平成3年) イオン交換方式による無排水設備を導入。
1994(平成6年) 資本金を3,000万円に増資。
1998(平成10年) クロムめっき用簡易濾過機「マイフィルター」を開発し、製造販売を開始。
2002(平成14年) クロムめっき用鉄粉除去器具「マグネバー」を開発し、製造販売を開始。
2014(平成26年) 「特殊技研(上海)商貿有限公司」を設立。
上に戻る
Copyright 2005 TOKUSHU GIKEN Co., Ltd. All Rights Reserved.